ホーム » SES契約で働くエンジニアが増える傾向

SES契約で働くエンジニアが増える傾向

 世界的にフリーランスエンジニアが活躍し、大きな成功を上げて巨億の財産を築き上げていることがよく見受けられるのがIT業界の特徴である。アメリカでは特に大成功を遂げている例は多く、それに憧れて日本でも独立する道を選ぶエンジニアは増えている。

 日本でIT業界で働くエンジニアの独立が見られるようになった頃は、独立すると自分から企業に乗り込んで営業を行い、仕事を勝ち取らなければならなかった。その大変さがあってフリーランスの人口はあまり増えていなかったが、人材サービスを利用できるようになって比較的容易に仕事を獲得できるようになってからは独立する傾向が強まってきている。

 その中でも働き方としてSES契約を締結して常駐で働くことを選ぶエンジニアが多い状況が続いているのが特徴である。企業からの仕事としても常駐の仕事が多いのも理由だが、それよりも影響が大きいのが収入に対する不安を払拭する手段になるからだろう。

 請負契約をすると成果物を完成させなければ全く収入にならないリスクがあり、本当に力量のあるエンジニアでなければ稼ぐことは難しい。実際に大成功を遂げているフリーランスエンジニアの大半は請負契約を活用しているが、そのハードルの高さを知って安定して収入を得やすいSES契約が選ばれているのである。

 SES契約であれば当面は収入に困ることはない。安定して収入を得たいという気持ちが先行するケースが多いために生まれた傾向だろう。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031