ホーム » エンジニア

エンジニア」カテゴリーアーカイブ

現場の潤滑油となる人材が求められる働き方

 SES契約によってエンジニアの人材を確保しようとする企業は、現場での問題点を解決することを目指しているのが一般的である。特定の技術を持ったエンジニアがいない場合や、現場のコミュニケーションがうまくできていない場合などに有能な人材を確保して現場の状況を一転させるのに活用することが多い。

 フリーランスのエンジニアや人材サービスにより契約するエンジニアが代表例であるが、このような人材に求められているのは技術面だけではない。あくまで現場で使用する技術を有していることは前提条件であり、それに加えて現場の潤滑油になることが求められている。

 特に専門性が高い企業ほど優秀なエンジニアを抱えているので技術的には大きな問題がないことが多い。新しい技術を導入するときには常勤としてエンジニアを採用すれば良いため、その点が最重要となっていることは実はあまり多くないのである。

 実際には現場でのトラブルを解決する手段として人材を投入することが目的になっていて、技術よりも人格を見ていることも少なくない。現場でのコミュニケーションが滞っているときに、どのスタッフの言うことも理解できてコミュニケーション能力のあるエンジニアが現場に入ると速やかにプロジェクトが動き出すようになる。

 そのような目的でSES契約を考える企業は多く、この働き方を選ぶからには人格形成に重きを置く必要がある。フリーランスでも人材サービスを利用しているときでも同様であり、広い知識とコミュニケーション能力が大切になる。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031